キャッシング・カードローン

キャッシングとは?カードローンとキャッシングの違いを分かりやすく解説

お金を借りたいとき、意外に引っかかってしまうのが「キャッシング」と「カードローン」の違いのわかりづらさ、についてですよね。

どちらも、住宅ローンや自動車ローンのような目的別ローンと比べて、審査や申込条件のハードルが低めだということは分かります。

しかし、商品の中身やサービスの違いが分かりにくいため「どちらを選べば良いか分からない!」という方も多いようです。

そこで、今回は「キャッシング」「カードローン」の基本的な概要を確認しながら、両者の違いをわかりやすく説明していきます。

キャッシングってどんな金融商品を指す言葉?

キャッシングとカードローンの違いを理解するには、まず「キャッシング」の言葉の定義を知ることが必要となります。
キャッシングという言葉の意味は、次の通りです。

〘名〙 (cashing) 金融機関などによる個人向けの小口融資。特に、カードとキャッシュ‐ディスペンサーを使用する方式のものを指す。

引用元 コトバンク
精選版 日本国語大辞典

上記を簡単に言いかえれば、キャッシングとは「個人がカードを使ってATMから借入れする金融商品全般を指す言葉」となります。

このことを踏まえると「カードローンはキャッシングに含まれる一つの金融商品」だということが分かります。つまりキャッシングとカードローンは実質的には同一のものというわけです。

では、なぜこの2つは別の金融商品として扱われるのでしょうか?

キャッシングとカードローンが別々の金融商品と認識される理由

現在、日本で主流となっているキャッシングサービスは次の2つです。

クレジットカードのキャッシング機能を利用した借入
ローンカードを利用した借入(カードローン)

わかりやすく図にして説明すると、次のような感じになります。

このうち、クレジットカードに付いているキャッシング枠を使った借入を「キャッシング」と一般的に広く呼んだため、「カードローンとキャッシングは違うもの」という認識が広まったのです。

そこで改めて「クレジットカードに付帯するキャッシング枠」と「カードローン」の差異を、かみ砕いて説明しようと思います。

それぞれの特徴や違いを理解できれば、どちらのサービスが自分に適しているか的確に判断できますよ。ぜひ、参考にして下さいね。

クレジットカードキャッシングの特徴

クレジットカードのキャッシングは、利便性が高い反面、金利が高く手数料がかかるという特徴があります。そのため緊急時など、一時的にまとまったお金が必要なケースなどに、短期借入として使うのがベターです。

長期借入には不向きなので、翌月もしくは数ヶ月以内に完済できる見込みがある時にのみ利用することをオススメします。

【特徴】

クレジットカードのキャッシング枠内で現金を借入れできる
カードがあれば、申込・審査なしですぐに現金を借りれる
金利が年利15~18%とリボ払い並みに高い
キャッシングは使わなければ0円に設定できる
返済方法は基本的に口座引落以外を設定できない

クレジットカードはキャッシング枠内で現金を借入れできる

クレジットカードには一般的に買い物に利用できるショッピング枠の他に、現金の借入れが可能な「キャッシング枠」が設けられています。

キャッシング枠は契約者の信用度や取引実績応じて設定され、一般カードの場合は基本的に「10万円~100万円」の範囲内で付与されます。この枠の金額内であれば、提携ATMやCDでクレジットカード使った借入が可能というわけです。

クレジットカードがあれば、申込・審査なしで現金を借りることができる

クレジットカードさえあれば、カードローンのように新規申込や審査をクリアすることなく、いつでも提携ATMやCDから現金の借入れが可能です。

これは、クレジットカード発行の段階でキャッシングの審査が完了しているためです。急を要するような出費に迅速に対応できるのは、クレジットカードを使ったキャッシングの大きなメリットの一つだと言えるでしょう。

金利が年利15~18%とリボ払い並みに高い

クレジットカードにおけるキャッシングは、一般的にリボ払い金利と同水準である「年利15%~18%」となっています。

とはいえ、年利18%といわれても実際にどれくらい払う必要があるのかイメージしづらい、という方も多いかもしれませんね。ですが「仮に1ヶ月間、10万円を借りたら1,500円、50万円を1ヶ月借りたら7,500円の金利がかかる」と言えば、どれだけ高金利かイメージしやすいと思います。

クレジットカードのキャッシングで現金を借りる時は、可能な限り短期間で完済できるような返済計画を立てることが大切です。

キャッシング枠は使わなければ限度額を0に出来る

キャッシング機能は使えなくすることも出来るので、クレジットカードで現金を借りるのは怖い、高い金利の借入はしたくない、という方は早めにキャッシング枠を使えないように止めてしまうと良いでしょう。

なお、その場合でも、ショッピング枠の範囲内で買い物や固定費・公共料金などの支払いはできるので安心して下さいね。

返済方法は基本的に口座引落以外設定できない

返済はショッピング利用分の支払いと合算され、口座引落となるのが基本です。

口座振込や提携ATMからの返済は不可のケースが多く、対応可能な場合も事前にコールセンターや窓口へ相談が必要となるため注意が必要です。

カードローンの特徴

カードローンは、クレジットカードのキャッシングと同様に、提携ATMやCDから気軽に借入・返済ができるので非常に利便性に優れています。

また、新規利用の場合は申込や審査が必要となりますが、即日融資に対応した商品も多いため、緊急を要する支出にも対応可能です。

カードローンの金利はクレジットカードから使えるキャッシングと比べても低めの設定ですが、それでも低金利と言える水準ではないです。そのため、短期返済を前提に考えた借り方を準備したほうが無難です。

【特徴】

予め決められた利用可能額の枠内で現金を借入・返済できる
クレジットカードのキャッシングより限度額の上限が大きい
クレジットカードのキャッシングより金利が低い
大手消費者金融のカードローンであれば即日融資可能
無金利キャンペーンなどを利用すれば利息の発生を抑えられる

利用可能額の枠内で現金を借入・返済が可能

カードローンもクレジットカードのキャッシング枠と同じように、契約者の信用度や取引実績に応じた「利用可能枠」が設定され、その範囲内で現金の借入・返済を自由に行うことができます。

ローンカードを使った借入・返済は近隣の銀行・コンビニの提携ATMやCDから行うことができ、商品によってはスマートフォンアプリでの取引も可能なので大変便利です。

クレジットカードキャッシングより借入限度額上限が大きい

カードローンは融資専用に作られた金融商品のため、クレジットカードより、基本的に借入限度額の上限が大きく設定されています。

例えば、楽天銀行のカードローンと楽天カードのキャッシングの借入限度額の比較は次の通りです。

・楽天銀行カードローンの枠 10万円から800万円
・楽天カードのキャッシングの枠 10万円から100万円

クレジットカードキャッシングより金利が低い

カードローンは借入限度額によって金利が変動することもあり、クレジットカードよりも金利が低く設定されるケースがほとんどです。

前項と同じく、楽天銀行のカードローンと楽天カードキャッシングの金利を比較してみましょう。

楽天銀行カードローン 1.9% から 14.5%
楽天カードのキャッシング 15% から 18%

とはいえ、10万円程度の借入であれば利息に大きな差がでないことがほとんどです。10万円前後の少額借入の場合は、あまり金利差に神経質にならなくても良いでしょう。

大手消費者金融のカードローンであれば即日融資可能

テレビCMなどでおなじみの、アコムやレイクALSAなどの大手消費者金融のカードローンは、申込当日の融資が可能な即日融資もしてくれます。

クレジットカードのキャッシングほどのスピード感はありませんが、申込後最短60分で融資が可能となるカードローンもあるため、緊急時に融資を受けたい場合などに心強い味方となってくれます。

カードローンは返済方法を色々選べるため便利

カードローンは、口座引落しだけでなく「提携ATM・ネットバンキング・口座振替」等からも選ぶことが可能です。

また、毎月決まった返済額(約定返済額)以上の繰上げ返済も、提携ATMなどから簡単に行えます。

クレジットカードキャッシングとカードローンの違い

利用限度額の違い

クレジットカードのキャシング 10~100万円程度
カードローン 10~1,000万円程度

こうしてみると、利用限度額の上限の大きさはカードローンの圧勝ですね。とはいえ、カードローンは総量規制や銀行独自の自主規制の関係上、年収の1/3以上の利用限度額が設定されることはありません。

また、初回申込時は取引実績がないこともあり、利用限度額は中堅サラリーマンでも30万円~50万円程度に抑えられるのが一般的です。

そのため、日常的に利用することを目的とするキャッシングであれば、利用限度額の違いはあまり気にしなくても良いでしょう。

金利の違い

クレジットカードのキャッシング 15%~18%
カードローン 1.7%~18%

金利についても、一見するとカードローンに軍配が上がるように感じられますよね。

しかし、前述の通りカードローンは予め決められた利用限度額によって適用金利が変動するため、10万円~50万円程度の限度額であれば、カードローンとクレジットカードのキャッシングの間に大きな金利差は出なくなります。

ただし、100万円以上の利用限度額が設定されるようになれば、さすがに金利差はかなりのものとなります。希望借入額が大きい場合は、カードローンの方が金利的に有利なのは確かです。

また、大手消費者金融カードローンの場合は、契約時に一定期間の無利息キャンペーンなどを行っていることが多いため、上手に活用できれば金利0でキャッシングする、なんてことも可能です。

返済方法の違い

クレジットカードのキャッシング 口座引落
カードローン 口座引落、提携ATM・CD、ネットバンキング、口座振替など

返済方法の選択肢の多さ、返済の利便性の高さはカードローンの圧勝です。

数ヶ月にわたって返済を続ける計画の方や、こまめに繰上げ返済をして早期完済を目指すという方にとって、カードローンの返済方法の多さは魅力だと言えそうですね。

とはいえ、クレジットカードのキャッシングでも「翌日1回払い」といった返済であれば、口座引落一択でも特に困ることはないでしょう。

まとめ

キャッシングとカードローンは実質的には同じもの
キャッシングというくくりの中にカードローンがある
日本で主流のキャッシングサービスは「カードローン」「クレジットカードのキャッシング」の2つ
金利や限度額、返済方法などに違いがある

このようにお金を借りる方法はいくつかありますが、各々の特徴や違いを理解できれば、どちらが自分に合った「お金の借り方」か、的確に判断できるようになります。

例えば「大きな金額を、低金利で銀行や消費者金融から借りたい」という場合は、カードローンが候補に挙がります。

また「カードローンの申込における審査をクリアする自信がない」という状況でも、もし既に所有しているクレジットカードがあれば、今すぐキャッシング枠でお金を借りることも出来ます。

この記事を参考に、ぜひ自分に合ったキャッシングがどちらなのか見極めてみて下さいね。

-キャッシング・カードローン

Copyright© キャッシング・カードローンおすすめ比較ランキング , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.